あなたの施術は守られていますか

2017年12月の入会受付中です。申込み締切は、2017年11月15日(申込書到着分)となります。

整体院・カイロプラクティック院

整体やカイロプラクティックの民間手技施術をサービス業として行っていれば、万が一施術に起因して賠償責任が生じた場合は会員保障制度(賠償責任保険適応)の対象となります。

また、店舗管理上の不備により第三者に損害を与えてしまった場合も対象です。

このような条件でも対象です

出張整体も対象です

施術場所は問いませんので、日本国内(*2)どこでも会員が行った施術に起因する損害賠償は本会保障制度の対象になります!

美容整体も対象です

小顔整体、骨盤矯正など美容が謳い文句の施術も対象です!

学校で習っていない方でも利用可能です

入会にあたっては技術の習得方法を問いません。 院長から指導を受けて技術を習得し、お客様に施術を行うようになった整体師等もご利用いただけます!

日本治療協会の対応事例

このような事例に日本治療協会は対応してきました。

事例1)
検査をしたところ頸椎のズレで矯正を行った。翌日首が回らなくなったと連絡があった。※頸椎スラストによる原因の場合は対象となりません。
事例2)
美顔整体で額関節矯正を行った利用者から、口の開け閉めのときに音がなり噛むときに痛みを感じるようになったとクレームを受けた。
事例3)
家庭用の温熱機器を使ったところ、やけどをさせてしまった。
事例4)
店舗外においていた看板が倒れ、駐車していた自動車にあたりキズをつけてしまった。

この他にも、施術に関する色々なご相談に対応しております。

こんな事例は?という場合には、お気軽にお問い合わせください。

こんなケースの賠償責任保険もあるんです。加入の際は要チェック!

  • 施術団体に加入しなければ賠償責任保険に加入できない
    • 日本治療協会の賠償責任保険は、他団体への所属の有無は問いません。民間手技施術を行っている方でしたら、個人でも加入できます。出席が義務付けられる研修会などは行っておりません。

整体などは、他の施術に比べて、お客様の思い込みによるクレームが多く発生しています。

クレームは、施術者の腕がいいか悪いかに関係なく発生しますので、日本治療協会では困ったときの相談先を確保しておく必要があると考えます。

~選べる加入方法~

経営者様

お店の経営スタイルに合わせて加入方法が選べます

店舗スタッフ全員分の加入ができます

会費は経費払いOK。また、経営者様負担ではなく、スタッフ様個人でご負担いただくことも可能です。

kanyu1

保険が必要な方のみの加入もできます

例えば、スタッフ3名のうち2名のみ加入OK。

kanyu2

整体師・カイロプラクター様

個人でも加入でき、個人加入の場合は勤務先が変わっても会費を払っていれば賠償責任保険が適応されます。

民間資格(認定証)がなくても加入できます

例えば、他のスタッフは民間資格に付帯している保険に加入しているため、お店が保険に加入していない場合。個人での加入が可能です

kanyu4